合同説明会は知らない業界の研究に向いている

###Site Name###

合同説明会で得られる情報は、基本的にその会社のホームページ等でも告知している内容が中心です。

けれども、自分がよく知らない業界であれば、一般的な情報であっても十分に役立ちます。

あまり興味がない業界については、どうしても適当になりがちですが、合同説明会であればスマートに業界研究を進められます。

合同説明会情報選びをお手伝いするサイトです。

同じ説明を繰り返すのが合同説明会における各企業のパターンだから、わざわざ講演をしているブースの席に座らず、外から気になる部分だけ聞くのも有効な方法です。


短時間でできるだけ多くの会社をチェックするためには、律儀に全ての説明を聞くのではなく、要点だけ押さえておき、こっそりと途中で退席して他へ移動する柔軟さも求められます。合同説明会でエントリーシートを配る企業もあるので、ぜひ内定が欲しいところは事前に選考方法をチェックしておきましょう。

参加人数が多い合同説明会では、参加者の名簿は作るものの、それに基づいて評価をつけるケースはあまり見られません。

あくまで会社の名前や事業内容を広く知ってもらう場だから、途中で誰が入ってきたか等の細かいチェックは省かれているのが普通です。



進行を務めているのは主に人事部の社員で、会社によっては個別に質疑応答ができるコーナーも設けています。

エントリーする予定がない会社であっても、積極的に質問をしてみるなどの色々な行動を試せます。


他の業界を詳しく知ることで、自分の本命である業界との差が分かり、どうして自分がその業界で働きたいのかをより具体的に説明できる力を養えます。